読者の声 2015 Vol.290

アップルタウンに寄せられた読者の声を掲載しています。

ルジェリア大使と元谷代表の対談は、欧米や中韓の議論のみになりがちなビジネスマンに一石を投じて下さる貴重なものだったと思います。地球儀外交には中立の視点からの世界観が必要ですが、その観点を育ててくれるのがアップルタウンであると考えます。次のビッグトークも期待しています。
(滋賀県・大隅様)

略 ①NO・288「ビッグトーク」のシド・アリ・ケトランジ氏の日本贔屓及び物の考え方、信念に感銘しました。特に最後の「どの国の人間でも根本的大事なのは歴史や伝統なのです。」全国民に読んで貰いたい文言です。 ②私は「靖國」の崇敬会員です。論文を先に読ませて頂きました。 ③飛ぶ鳥を落す勢いのアパグループ更なる発展を祈ります。 ④毎月アップルタウンを送って頂き感謝しています。
(神奈川県・山根様)

誠志エッセイの論旨に同意する。中国・韓国の反日対応には憤りを感じているが、日本内部の反日勢力の多さは、事あるごとに違和感を覚えていた。声高にそのことが語られるのは少ないように思っていたが、こうしてエッセイで書いていただけるのは、日本の愛国心の情勢に寄与されるだろう。タイトルのとおり、輝かしい日本の歴史を取り戻したいと強く願う。
(新潟県・森谷様)

「誇

れる国・日本」を拝読しました。素晴らしい本です。一、帝国大学の出来た順番を私は知りませんでした。感謝。ところで朝鮮と台湾には国政への参政権はあったのでしょうか? 二、2つも原爆を落とした罪は重いと私も同感です。もし、その力を見せつけるだけなら、東京湾に落とせば船に居る100人~1、000人の死亡で済んだはずです。2種の実験台にされて20万人が死んだのです。これは世界最大の戦争犯罪です。全く同感です。
(静岡県・三上様)

3

月号の社会時評エッセイ「輝かしい日本を取り戻そう」を拝読し心から賛同しました。もっとも反日度合いの強い国がわが国とは実に情けない思いで一杯です。かれら反日勢力も一部化けの皮が剥がれつつあるメディアもありますが、かれらの息の根を止めるのはやはり憲法改正ではないでしょうか。この憲法の最大の弱点は国民の生殺与奪権を他国に委ねるとしたその前文にあると考えます。ここを突いていけば、改正に無関心な国民もきっと目覚めるのではないかと確信しています。
(大阪府・坂本様)

会時事エッセイにて藤誠志氏が事業以上に言論活動に力を入れたいとの決意、感服しました。植民地化された国々がどれ程、悲惨であるか…皆が知るところである。当時世界最大級の帝政ロシアを有色人である貧乏国日本が破ったことは植民地化された国々にどれだけの勇気を与えたことか。そして大東亜戦争に至り、敗戦となるが世界の植民地解放へとつなげることができた。もし大戦がヨーロッパ戦線に限定されたら植民地解放はなかったと思う。日本は世界史に残る功績をなした。祖国日本、英霊に頭が下がる。
(群馬県・正田様)

夏戦後70年となります。人びとの苦難の努力で、世界における日本の経済的繁栄は驚嘆すべきことです。今、「安倍一強」の時代、終戦70年を機に近隣国をはかりつつ、正しい歴史観をもとに真実の主張を発信していけば、新たな誇れる国の再興に繋がります。日本の政治史を彩る大きな働きになります。一句「懐かしき いつか来た道 春のいろ」
(石川県・村上様)

界で反日運動を掲げている中国の習近平主席は、第2次世界大戦時に、南京で30万人が虐殺されたという虚構や歴史的根拠のない尖閣列島の領土の領有を主張し始めた狙いは、1970年に海底資源が発見された為、資源の横取りである。そして、尖閣列島を足掛かりとして太平洋へ進出する為である。中国の「南京大虐殺」に対して、安倍政権は反論すべきである。
(富山県・山下様)

社業隆盛、愈々躍進の途上に力強く歩まれる貴方へ社に心から敬意を捧げます。今、日本の領土は東西南北から進攻されている思いです。対馬・朝鮮の海底トンネル、小笠原の「さんご」根こそぎ掠奪、「せんかく」諸島への中国軍艦の居すわり日常化に対して本気で報道もせず、対策さへ示すことの出来ない日本のマスコミの中で唯一真剣に論じ、世界へ英語発信の「アップルタウン」誌、正に日本政府の情報戦略の役割を果たして頂くお姿に感動しています。三月号一二〇頁の「真の独立国家にならないよう日本を牽制するアメリカ」でルーズベルトの「リメンバーパールハーバー」とイスラム国の現状は同一根ではと思いました。次号で解釈して下さる「日本人の精神年齢は十二才」のマッカーサーの談話からの解放策を示してくださいませ。敬具
(島根県・寺本様)

B

IG TALKでは教育とメディアの正常化は大いに賛同するところです。藤誠志エッセイでは、自公連立を解消させるべきとありますが、本当にそう思っています。ワインの会の2ヶ国の大使達の日本に対する印象も興味深く読みました。日本にとって2ヶ国が重要だという事も勉強になりました。
(石川県・宮本様)

アパホテル〈新橋虎ノ門〉

はこのたび大震災にあい、海の近くにいたので多くの大切なものを失いましたが、又当ホテルさんを利用させて頂き、元気をもらいました。社員の方々の笑顔、親切ていねいにお掃除の係りの方の感じも良く、部屋の中にも要所要所にお客様の気持ちになった行き届いたサービスやクシ、髪ゴム等のアメニティに関心致しました。常にお客様を大切になさっているのですね。また今度利用させて頂きたいと思っております。友人、婦人会の人々にも話をさせて頂きたいと思っております。お世話さまでした。

アパホテル〈東京潮見駅前〉

しぶりにランチタイムに来ました。お料理の質が以前よりもグレードアップしたように感じます。特にビーフシチューとカニのオムレツが美味しかったです。タイムサービスのプリンの味がとても良くなったのもうれしい!舌触りも良く絶品でした。従業員の方々もみんな素敵でいい感じですね。お腹も心も満足! ごちそうさまでした。また来たいです!

アパホテル〈京都駅堀川通〉

歩行をしております者で、今回も指定のお部屋を予約頂き誠にありがとうございました。今回は天候も寒く、外出が不便で困難な私にとって、ピザの宅配サービスが出来ると知り、とても有難かったです。おかげで寒い季節、外に夕食に出ずに済み、大浴場にも入れてとても助かりました。長い間利用させて頂き本当にありがとうございました。アメニティグッズも宿泊する度に女性向けの物が増えていてそれも楽しみでした。

アパホテル〈金沢西〉

沢に来る際によく使わせて頂いています。いつも美味しい朝食、本当にありがとうございます。毎回思う事はフロントスタッフ、レストランのスタッフ、そして清掃スタッフの方々。皆さん、とてもていねいにあいさつして頂ける姿に、とても清々しい気持ちになります。今回宿泊した際にフロントの方が朝食チケットを渡し忘れ、部屋まで届けてくれました。とても丁寧でした。若い方でしたが、その対応に貴社の教育を見たように思います。若いスタッフをどんどん伸ばしてあげて未來のAPAを担う人材に! とお願いします。また金沢に来る際には利用します。

アパホテル〈高岡丸の内〉

めてビジネスホテルを利用しました。少し心配しながら子供の受験で利用することにしました。まずは電話での対応が良かった事で安心して決められました。また、不安のあまりその時、受験先の学校までの所要時間をきいてしまいましたが、その時もご親切に対応してくださり、チェックインの時には地図を準備してくださいました。荷物も多く持ち込んだのですが、段取り良く接客してくださった事、うれしく思いました。ホテル内の備品もアメニティも有名なホテルより良く感じ、ビジネスホテルの良さがわかりました。また、ぜひ利用させてもらいます。ありがとうございました。また、お願いします。

アパホテル〈TKP札幌駅前〉

学校の同窓会の為、初めて利用させて頂きました。とても綺麗なお部屋でテレビも大きく素敵でした。朝食もいろいろあり、特にいくらは最高でご飯3杯も食べてしまいました。次回も利用する機会があったらまたお願いします。ありがとうございました。

アパホテル〈名古屋栄〉

テルの存在はTV等で知ってはいましたが、今回初めての利用です。ビジネスホテルのイメージがあり、男の方が多いのではと、ちょっと身のすくむ思いがあったが、泊まった日にイベントがあった為か、女性客も多く安心しました。対応等もとても丁寧で、また簡易スムーズに分からないことも教えて頂き、サービスのユーティリティーもあり、持っていく荷物等が少なくて済み、よかったです。便利な所が良いです。

アパホテル〈渋谷道玄坂上〉

ロントの方の対応と声のトーンもとても良く親切で、また宿泊したいと思いました。お部屋もとても綺麗に清掃してあり、気持ち良く使わせて頂き、快適な夜を過ごす事ができました。次回もまた利用させて頂きたいホテルです。アメニティもすべて整っており安心しました。またセキュリティもしっかりしていて、女性一人での宿泊も安心で、ゆっくり寝れました。ありがとうございました。

アパホテル〈新宿御苑前〉

パホテルは初めて宿泊させて頂きました。私の想像していたものより広かったのが最初の印象です。1人で泊まるには十分な広さだったと思います。朝食バイキングも種類も多く、美味しく、食べ過ぎてしまいました。また出張がありましたら利用させて頂きます。

 

■ご意見・ご感想などお待ちしております。
[お便り・広告などのお問い合わせ先]
〒107-0052 東京都港区赤坂3-2-3 アパグループ東京本社内「アップルタウン編集局」宛
●アパグループホームページ:http://www.apa.co.jp/
●Eメール:honbu@apa.co.jp