読者の声 2015 Vol.289

アップルタウンに寄せられた読者の声を掲載しています。

アップルタウンに寄せられた読者の声を掲載しています。

みな政治戦略で、衆議院選挙で勝利した安倍首相ですが、あと4年、よっぽどのスキャンダル、or 失敗がなければ自民党の政権は続くでしょう。今、イスラム国と日本、及びヨルダンとの人質事件で毎日大々的に報道しています。この様な国難な時こそ、安倍首相の真価が問われます。
(富山県・石﨑様)

B

IG TALKを読ませていただき、日本の良さを再認識するとともに、パキスタンの魅力を知ることができました。日本の最先端技術や文化を世界に発信して他国と連携していくことで、多くの人々がより豊かな生活を送ることができると感じます。特に耐震技術の項目は、興味深く拝見させていただきました。日本の技術をぜひパキスタンで活かしていただき、地震に強い国に成長されることを願っております。
(秋田県・菅原様)

国習近平国家主席は、演説で「30万人が殺された」と改めて主張した。「侵略の歴史を顧みない態度と美化する言論に断固反対しなければならない」と語った。習近平主席は、9月3日を「抗日戦争勝利記念日」そして、12月13日を「国家哀悼日」と定めた。両日の式典を国家行事に格上げしたのは、日本に対する「歴史カード」とする狙いがある。習近平主席は、「愛国」や「反日」を利用し、政権の求心力を高めようとの思惑もあろう。日本は、不当な宣伝には毅然とした姿勢で反論すべきである。日本は、世界に正しい対日理解を広げる情報発信の努力が必要である。
(富山県・山下様)

誠志のエッセイで『プレスコード』ということばを知りました。戦後GHQによる思想統制があったことは知っていましたが、現在もそれが残っていることは知りませんでした。気づきませんでした。二十万人朝鮮女性の性奴隷や南京三十万人大虐殺も、昨年の朝日新聞の事件が起きるまで、真実と思っていました。メディアの情報ばかり信ぜず、何が本当かよく考えなければ、学ばなければと思いました。
(福井県・近藤様)

春 日本の「安倍一強」の重みはアベノミクスの好循環です。日本をめぐる安全保障環境は、中国の対外的な攻撃の脅威、朝鮮半島の突発的な有事など世界の火薬庫の様相を帯びています。日本の安全保障政策は「積極的平和主義」を掲げ、国際協調のなか「必ず国民を守る」を至上に実現されることを、安倍首相は最高責任者としてリーダーシップを発揮していただきたいと思います。一句「まだ名のみ美しきかな桜貝」
(石川県・村上様)

ッグトークはパキスタン大使、特別鼎談はコソボ全権大使・元文科大臣であった。まさに元谷代表は民間外交官である。対談相手に率直にその国状及び国家観を引き出している。読者にとり各国の第一級の人物の考えを知れることは貴重である。感謝します。 1939年9月独のポーランド侵攻による大戦勃発から1941年12月の日米開戦までヨーロッパ戦線に米国はなかった。米は英を救うべくヨーロッパ参戦を日米開戦に求めた。米英との盟友関係でさえ2年強の空白があったことを考えると日本有事の際、米の助けは期待できない。「最小限核抑止戦略」を含め、日本は自主防衛を真剣に考える必要がある。
(群馬県・正田様)

けましておめでとうございます。今年も楽しく読ませていただきます。新年にあたり、“代表の座右の銘”すばらしいです。今年受験生がいますがぜひこの銘“自分を信じ 逆境を楽しみ 誇りを持って生きろ”を読ませたいと思います。子も親も今が一番つらい時、何だかこの銘を見たとき、今までのがんばりようなど思い涙がでてしまいました。あともう少しがんばります!
(石川県・田中様)

B

IG TALKの感想
パキスタンという国について私はあまり知りませんでしたが親日の国でアミールさんのお話で日本に似た文化のある国だと思いました。また日本と同じ地震の多い国で日本の耐震設備を導入したいというお考えにも興味が持てました。
(神奈川県・吉村様)

誠志エッセイ興味深く読みました。鳩山一郎の「原爆使用は国際法違反」を是非朝日は再紹介すべきだ。原爆使用は決して許されることではないのだ。
(大阪府・高瀬様)

アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉

Q

VCマリンフィールド(アパホテルスペシャルデー)の半券で28日にスカイクルーズマクハリでごちそうになりました。半信半疑でしたが、本当に無料でビックリです!(カボチャのスープ美味)。その後、マリンへ行き勝ち試合を観て、里崎選手の引退セレモニーと、とても楽しく充実した1日を過ごすことができました。本当にありがとうございました。これからもマリーンズを宜しくお願い致します。次は26日にショートケーキを食べに行きますね。

アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉

屋に置いてあった”煙ふせぐ~ん”。こういうのを見るのは初めてです。早速予行練習をしましたが、良いものを置いていただいておりますね。非常時の為いろいろ心がけておきたいものです。

アパホテル〈大阪天満〉

ず、どこのホテルでも歯ブラシは安っぽい使い捨てが多いです。いつもは車での移動なので歯磨き用品一式を持って行きます。しかし今回は電車での移動の為、少しでも荷物を少なくする為、持って来ませんでした。しかし、おどろきのしっかり歯ブラシ。とっても気持ち良く一日の終わりに歯磨きできて感激です。思わず持ち帰りました。人それぞれ重要点は違うと思いますが、大浴場で体をきれいにし、口の中もきれいにでき、とても気持ち良かったです。朝のバイキングも糖分を抑えている私にはタンパク質をたくさんいただけてありがたかったです。味噌汁、豆腐、納豆、それに切り干し大根など…。寒い朝に体があったまり、嬉しく思いました。ありがとう。

アパヴィラホテル〈大阪谷町四丁目駅前〉

食付で朝食バイキングを利用した時に、私たちが入店した時(8時40分)ぐらいはそれほど混雑はしていませんでしたが、9時過ぎになると一挙にお客が増えて、料理の品切れやテーブルのさげものなどを一人の女性の店員さんがされていましたが、その対応が素晴らしくて、私も飲食の店員の経験がありますのですごく勉強になりました。料理などの不備なども、気にならなくなるほどの良い対応をされていました。

アパホテル〈名古屋栄〉

ても快適な宿泊でした! ベッドもとても良く気持ちよく寝ることが出来ました! お風呂もとても嬉しいです! 部屋でwi‐fiも使えるため、仕事もできるのでとても助かります。デスクもイスもおしゃれで座り心地良い! 仕事はかどります! 部屋もホテル全館がとてもキレイで過ごしやすかったです。朝食も美味しくたくさん食べられました。フロントもレストランのスタッフも皆様丁寧で、「また次もアパホテルを利用したい」と思えました。5、000円の宿泊料もとても嬉しいです! ありがとうございました。

アパホテル〈京都駅前〉

張に泊まってからアパホテルのファンになってしまいました。どこか泊まるとき、真っ先に頭に浮かぶのはアパホテルです。とてもリラックスできます。部屋もきれいでモーニングバイキングも好みで大好きです。

アパホテル〈鹿児島国分〉

くアパホテル〈鹿児島国分〉を利用します。久々に来たら、ベッドや歯ブラシも変わっていてびっくりしました。いつも快適に利用させてもらっています。ありがとうございます。正直、利用するまでアパホテルの存在を知りませんでした。でもアパホテルは本当に我が家みたいに居心地が良いです。大抵のホテルは社長の顔すら知ることができず、インターネットで調べたりしないと分かることは無いですが、アパホテルの良い所はミネラルウォーターやカレーなどに社長の顔が載っているのが素晴らしいことだと思います。これからも家族で利用させていただきます。頑張ってください。

アパホテル〈京成成田駅前〉

しぶりに成田出張で宿泊しました。1月1日は朝8時~22時30分までずっと立ちっぱなしで、さすがに疲労困憊で辿り着きました。しかし迎え入れてくださったフロントの方の笑顔ときびきびした男性スタッフの振る舞いに温かさと安堵するような感覚がし、連泊していた2014年4月に感じていた居心地の良さを思い出しました。いつもと変わらない、いつもと同じ温かさ、続けておられる皆様に感服いたしました。私も接客業に携わる責任者の身、見習いたいものです。割り当て下さった部屋にもびっくりでしたが、疲労の限界に来ていた私には神の恵みかと思えるプレゼントでした。おかげで疲れも回復し、本日はお客様に満足して頂けるおもてなしができています。スタッフの皆様に感謝です。

アパホテル〈東京潮見駅前〉

スパがよくて味も美味しかったです。ビュッフェということでいろんな種類のお食事があって楽しめました。ストロベリーホワイトフォンデュは他では食べられないので良かったです。近所なのでまた利用したいと思いました。

アパホテル〈新潟東中通〉

回家族の入院する病院に一番近いホテルを探していたところ、アパホテル〈新潟東中通〉さんにヒットし、いわゆるクチコミにも評判がよかったので予約を入れさせていただきました。良く言えばクラシカルな雰囲気でどこか懐かしい。でもお部屋はきれいに整えられていてシャワーカーテンもカビなどもなく、真っ白でとても清潔感のあるお部屋でした。スタッフの方もやさしい対応でステキです。新潟はもちろん他県に用事があるときもまたアパホテルにしたいと思います。お世話様でした。

 

■ご意見・ご感想などお待ちしております。
[お便り・広告などのお問い合わせ先]
〒107-0052 東京都港区赤坂3-2-3 アパグループ東京本社内「アップルタウン編集局」宛
●アパグループホームページ:http://www.apa.co.jp/
●Eメール:honbu@apa.co.jp