読者の声 2018 Vol.331

アップルタウンに寄せられた読者の声を掲載しています。
上田知事と元谷代表のBIG TALKを拝見し、高校の中途退学者や公務員数を削除して我々の目ではっきり確認できる上田知事の数々の功績を大変興味深く感じました。その功績を成し遂げる為の上田知事の不屈の精神や努力に敬意を表したいと思います。
(神奈川県・吉村様)
埼玉県知事、上田氏の経歴(落選続き)はアメリカ大統領リンカーン(彼も何度も落選を繰り返しています)を思い起こして興味深く拝読しました。また、歴史についても各々の国の利害・主観が絡み、見解や形を変えていくという事も大変勉強になりました!!
(山口県・椿様)
上田清司知事の教育制度に対する熱い信念や国会への出馬ルーツなど本当に改革を求められている方なのだと感心致しました。「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ」!! という言葉が突き刺さりました。私も強い信念を持って目標に向かい、突き進んで行きたいという情熱をもらうことができました。子供たちにも、大志を持って夢へと突き進んでもらいたいです。
(石川県・岩崎様)
BIG TALKを読んで…“教育制度を変えないと子供を救えない。”国を変える為には子供の教育が不可欠だと痛感します。長い目で未来を見据え、国内外の子供達を正しく導く事が大事だと…。
(富山県・東川様)
初めてApple Town誌を見たのは、次男家族に会いに行った時、宇都宮のアパホテルでした。一ホテルが出す誌(失礼)…内容の高尚さに驚くと同時に自分が日頃考えていた事、またこうあるべしとの信念にピッタリの記事ですぐ購入の申し込みをした次第でした。今後とも頑張って下さい。遠い南の空から応援しています。
(宮崎県・山元様)
No・329の1月号、Apple Townを読ませて頂き、感謝します。最近の編集レベルが高くなっているのに感動します。BIG TALK上田埼玉県知事の内容は、実に力強いメッセージが込められていると思いました。「法律を決めるのは国会。だから国会議員になろうと決心したのです。」感激の一文です。私も自分で会社をスタートして25年。1社、10社、100社とお客様を増やして今日生き残っています。論文も大変良かったです!! 感動です。
(富山県・高島様)
昨年の漢字は「北」になりました。万人の思惑でしょう。日本は内政外交面において重大な局面に立たされています。国会は森友、加計ばかり堂堂巡りの議論をしています。今、世界を戦慄させているのは北朝鮮の核、ミサイルの挑発で、日本は眼前の脅威です。安倍首相は国民を守るために、真に必要な防衛力整備を第一義に、政治の重みで力を尽くして頂きたいと思います。
一句「千両の赤輝きを放ちけり」
(石川県・村上様)
最近、北朝鮮からの漁船の漂着が相次いでいる。報道によると政府は漁民の安全を確保の上、無事本国へ送還するとのことである。もし逆の立場であったなら、日本漁民は逮捕拘束され、帰国もままならないことは必至である。こうした正反対の国情を日本国民は十分認識するとともに、世界の人々にも知ってもらいたいものである。
(愛知県・土屋様)
「国づくりは人づくり」その理念に基づいた新春1月のビッグトークは上田氏との教育問題。高校中退問題、不登校など様々な問題に取り組む上田氏に学ぶ事が多くあります。また、歴史問題についても話し合っていますが歴史を知ることで今後、進むべき日本の道、未来が見えてきます。「Apple Town」今年も楽しみにしています。
(新潟県・逸見様)
塾長のエッセイ304と305を合わせ読んで、感じたことは、将来の朝鮮統一時が訪れた後、近未来についても言及しているところです。僭越ながら私と全く同じ思いであります。つまり、話し合いで解決とは何か? 核兵器なる武力をもって駄々をこねた者、勝ということになってしまうのでは! 北朝鮮の核を認めた後どのような事態が起こるか?これは日本の当事者のみならず、それを輸出などに振り向けられたら、収拾の付かない世界になってしまうでしょう! もちろん日本の核武装も含めて! 結局これは、過去に小さな犠牲を恐れて回避したために、なおさら大きな、手を付けられない腫れ物になってしまったということでしょう。塾長の言うように、WGIPに洗脳された、我が身可愛さの平和、平等こそ正義だとマスコミに影響された無関心の輩に対して、いきなり武力行使は残念ながら今の時点では理解されないのではと懸念されます! しかし、のちにその真価が評価されると信じての勇気ある行動も必要ではないかとも思います。平和も、平等も、何も犠牲無しでは得られない! 何かを得るには犠牲を払えというのが、私持論でもありますが、太古のユダヤ史にその教訓があります。出エジプト記にあるように、奴隷だったイスラエル人がモーゼに率いられて安住の地に着いたあと、ローマ軍に攻め立てられた時、マサダの要塞に残った100人近くは捕虜になるよりも自決を選びました。それは、エジプト時代の捕虜の時代がいかに悲惨で、プライドを傷つけられたものか骨身に沁みていたからです。日本も自分のことは、多少の犠牲を払ってでも自分で解決するといった精神が改めて必要だと思います。そのような精神構造、社会通念にどう持っていくかが今後の取り組みになってくるのでは? 一つにまとまるために!
(勝兵塾塾生・宮崎様)
ハワイ旅行で米軍の爆撃機の展示プレートのことで南京のことなどの記述が誤解であることを外務省に正したらホノルルの総領事は抗議しているが「彼らは撤去していない」と応えた様ですね。「撤去するまで抗議せよ」と言うのは正論です。そしてそれが彼ら「国益を守る公僕の責任」です。私もハングル語の大きな看板がホテル街の交番にかけられた事があってそれに抗議するべくグアムの総領事館に正したら「韓国人を刺激するのはまずい」と取り合わなかったのを思い出しました。我が外務省の役人はエリート意識が強いだけで非国民なところが目立ちます。言い換えれば無国籍人なのですね。誰のための総領事、誰から俸給を得ているのか、そう言う基本がいい加減です。であればこそ、慰安婦も、この南京問題も国内で騒いでいても何も意味を成さないと言うことにもっと国民が目覚めなければなりません。まあ不幸といえば、例のシスコの慰安婦像建立の件も、地元の領事館は知っていながら地元向きに抗議しただけで政府には伝えていなかったと言います。こう言う愚かさが日本の悲劇ですね。因みにグアムのハングル看板は副知事に相談に行ったら数時間後に撤去されていました(Uチューブ参照)。行動しなければ駄目なのです。その後地元の韓国人業界から「よく外してくれた、ありがとう」と礼を言われました。長年日本人と付き合いがある彼らも困っていたそうです。経験から、どの様な些細なことでも「おかしい」と感じたら調べ上げ、自分に理があれば徹底的に戦うことです。これを自身の損得で考えるから正義が実行されません。当然子孫のためになりません。子供の少子化についてです。これは非常に難しい問題だと思います。欧州は福祉にかなりな経費税金をかけていますが実際効果がどれほどあるのか、まだ効果のほどがわかりません。白人社会は性の異常交錯が目立つほど生き物の基本から逸れているのが気にかかっています。藤氏は核家族をなくし大家族制度を見直すべきだと意見されていますが正論です。そのいい例がグアムで、平均一家族に5人以上の子供がいます。私の会社のGMは12人(半分は連れ合いの連れ子)もいます。異常と感じますがしかし誰も驚きません。では子供は等しく平等に育ち幸せか、と言うと必ずしもそうではありません。そこに明るい将来の展望(仕事であれ教育であれ)が見えないからです。私は現代の悲劇は、物が過剰にあり文明が文化を壊している様に感じています。つまり欲望が小さいが大切な幸せを軽くしているからです。このPCもそうですが、私は未来を作るのに急ぎ過ぎだと思いますね。子供は上辺の面白さや便利さに没頭して「大切に慈しむ」と言う心の問題がわかりません。その様に育ったから親ですらわからないのです。メタリティックな無機質な子供など無い方がいいのですが、すると税金が入ってこないと言う悩みもありますね。今度は国防についてです。藤氏は朝鮮が反日勢力に統一されれば中国の属国に戻るだろうと予想されました。悲しいですが可能性があります。韓国は元々支那の属国だったので先祖返りになる可能性があります。それを独立させ国名を付け、ハングル語を国語とし学校まで提供したのが日本でした。今日、文大統領が偉そうな顔をして習氏と会見できるのは実は日本が育てた結果だったのです。見事なまでの裏切りであり恩知らずな国民ですね。とはあれそれは現状日本が精神的に弱いから仕方がないところです。藤氏も予感されていると察しますが、いずれ北鮮は米国によって崩壊し、その人民はみんな中国へ避難するでしょう。そしてその時中国は堂々と彼ら北鮮人を庇護すると言う名目で半島に入るでしょう。問題は韓国が米国と合同で戦争をするかどうかです。もし合同であれば朝鮮人民同士が殺し合いをし、恐らく元の李承晩ラインへ落ち着くでしょうし、もし韓国が米国を裏切れば藤氏が予想される属国という事態になります。ここまでの全てに関わる内容が日本の国防と精神力なのですが、我が国の憲法はそれらを婉曲に否定しています。そこに問題があります。現状において我が国民がどれほど憂慮しても、また政府を突いても何も効果的な行動が出来ないのは憲法の縛りがあるからです。その好例が北朝鮮の拉致問題です。こう言う極めて常識的な議論が出来ない限り、我々善良な国民日本の善意の声、正義の叫びも空しいものに終始します。憲法改正はマストで明日が、他に工夫がないものか、それが識者に問われていることころです。
(勝兵塾塾生・芳賀様)
ホテルユーザー様の声

アパホテル〈広島駅前大橋〉

前日、飯田橋店のアパ社長カレーイベントへ参加しました。長年親しんだアパホテルの社長とお会いできる日が来ると思っていなかったので、友人達と行くと決まってからずっと緊張していました。イメージ通り笑顔が愛らしく素敵な人柄にますます虜になりました。笑顔でご対面頂きありがとうございました。今回初めて子供と宿泊しました。折り鶴大変喜んでおりました。自動精算機やカードキーでのセキュリティ管理の進化に大変驚きました。お風呂も綺麗で大変快適でした。スタッフの皆様笑顔が素敵でした。歯ブラシ使い勝手良かったです。初めて口の中が痛くなりませんでした。1泊だけで6才と4才の子供は物足りなかったそうです。また泊まりに来ます。
(埼玉県・伊佐様)

アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉

今回はランチビュッフェに行きました。程よい量と種類の食事と、大好きなケーキやフルーツ、チョコレートファウンテンなどのスイーツ、とても楽しめました。アイスも色々な種類があり、とても美味しかったです。ローストビーフ最高でした。天気も良く、景色も楽しめてとても良かったです。次回は夜景を見にディナービュッフェに行きたいと思います。当日1時間前の電話予約にもすぐに対応して頂きありがとうございました。
(千葉県・森田様)

アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉

以前金沢出張の折によく利用していました。久しぶりの利用でした。疲れをとるのに大浴場は良いですね。また食事も30Fフロアで美味しく頂きました。以前と比較して随分とグレードアップしていました。また利用させて頂きます。ありがとうございました。
(千葉県・西上様)

アパホテル〈軽井沢駅前〉軽井沢荘 

初めてのアパホテルの宿泊でした。フロントの接客も気持ち良く対応して頂き、また夜の食事の軽井沢駅周辺の居酒屋等、地図で親切に教えてもらい、また軽井沢のアパホテルに妻と一緒に宿泊したいと思いました。部屋もきれいで気持ち良く宿泊することが出来ました。また近々行きたいと思います。その際はまた宜しくお願い致します。
(秋田県・古谷様)

アパホテル〈札幌すすきの駅西〉 

宿泊のみの利用とさせて頂きましたが、ベッドも広く予想以上の心地良さでした。たくさん利用されている方がいると思われますが、とても静かに過ごせました。ホテルスタッフの対応もとても良かったです。ありがとうございます。
(神奈川県・山田様)