アパグループの今に迫る

APA NEWS DIGEST[2018年8月号]

アパホテル〈八丁堀 新富町〉
開業披露式典

 6月5日(火)、都内最大棟数55棟目、中央区内では11棟目のホテルとなるアパホテル〈八丁堀 新富町〉(全141室)が開業し、株式会社ライフコーポレーション 代表取締役会長兼CEO 清水信次様、加賀電子株式会社 代表取締役会長 塚本勲様、株式会社商工組合中央金庫 金沢支店支店長 三原清司様をはじめ、150名を超える方々にご出席いただき、開業披露式典が盛大に執り行われました。
 記者発表で代表は、「東京都内55番目の開業のアパホテルとなる。2010年4月に始動した「SUMMIT5(頂上戦略)」以前は東京都内6ホテルだったが、現在では76ホテル(建築・設計中、FC含む)となり、そのほとんどが月間稼働率100%以上を記録している。アパホテルは「スペース」を売るホテルではなく、「満足」を売るホテルとして、顧客満足度の分析を行い、自動チェックイン機やベッド下収納など顧客のニーズに合わせたサービスを導入することで常に進化を続けてきた。今後も進化するアパホテルとして、顧客満足度の向上を図りたい。」と挨拶しました。また、歯ブラシ、カミソリ、ボールペンなどアメニティーの高級化に加え、今回は、ボディタオル、ヘアブラシについても品質向上を図るなど最新の「新都市型ホテル」仕様の客室となっています。

「アパリュージョン2018」オープン

 6月20日(水)、アパリゾート上越妙高にてプレミアムイルミネーション「アパリュージョン2018」がオープンし、記者発表と点灯式を開催しました。
 オープン前日には「マスコミ&エージェント関係者イルミネーション無料開放デー」を開催。ギネスワールドレコーズの公式認定員ジャスティン・パターソン様より、『最大のLED彫刻(Largest LED sculpture)』『最大の水面プロジェクション(Largest water surface projection)』という2つの演出で、見事ギネス世界記録がW認定された旨の公式発表がありました。

 オープン当日の記者会見においてグループ社長は「2つのギネス世界記録を持つイルミネーションイベントとして、地域と連携してアパリュージョンを盛り上げていきたい。」と挨拶し、新しいイベントに対する期待感を述べました。
 霧雨で幻想的な雰囲気の中、グループ社長、ギネス世界記録挑戦者で夜景評論家・夜景プロデューサーの丸々もとお氏に加え、この日訪れた来場者の中から選ばれた妙高市在住の10代の女性らも登壇し、点灯式を開催。来場者の「3・2・1!!」のカウントダウンの掛け声と同時に登壇者が3つのスイッチを押すと、その先に広がる「星座が瞬くミルキーウェイ」が眼前に美しく輝いた瞬間に花火が打ち上がり、会場からは歓声と拍手が巻き起りました。
 アパリュージョン2018は11月15日(木)まで営業。「上越妙高駅」「関山駅」「妙高高原駅」からは、宿泊者・ゴルフ利用者専用の定時無料送迎バス(予約制)をご用意しております。
【お問合せ】アパリゾート上越妙高 ☎︎0570‐004‐111

アパホテル〈TKP京急川崎駅前〉
開業披露式典開催

 6月1日(金)、神奈川県川崎市にフランチャイズホテルとして、アパホテル〈TKP京急川崎駅前〉(全143室)が開業し、ホテルオーナーである株式会社ティーケーピー 代表取締役社長 河野貴輝様、京浜急行電鉄株式会社 川俣幸宏様をはじめ120名様以上の参加の下、開業披露式典が盛大に執り行われました。
 記者発表で代表は、「4年前、河野社長が札幌で最初のフランチャイズホテルを開業し、予想を超えるスピードで急速にアパホテルのフランチャイズ出店を拡大。そして、TKPは計画・設計中を含めアパホテルのフランチャイジーとしてNO・1になった。アパホテルは「新都市型ホテル」というこれまでの伝統に捉われない新しいスタイルを作り上げ、世界最高の30%超の収益力を誇る。フランチャイズ事業を急がず、日本国内のホテルフランチャイザーNO・1になる事が出来たのは、直営ホテルの出店を着実に行い、基盤をしっかりと作りあげたからである。」と述べました。
 アパホテル〈TKP京急川崎駅前〉は、アパホテルの空白域であった神奈川県川崎市における第1号ホテル。京急本線「京急川崎」駅(中央口)徒歩3分の駅前立地で、羽田空港まで最速15分、横浜や品川、都内中心部へのアクセスも良く、ビジネス、レジャー需要を見込みます。全客室が高品質・高機能・環境対応型の「新都市型ホテル」の標準仕様となっており、機能性・利便性に大変優れています。

アパホテル〈綾瀬駅前〉起工式開催

 5月25日(金)、アパホテル〈綾瀬駅前〉の起工式を執り行いました。神事後の挨拶においてグループ社長は「アパホテル〈綾瀬駅前〉は、「綾瀬」駅から徒歩約3分であり、また「綾瀬」駅は東京メトロ千代田線の始発駅ということもあり、交通の至便な立地である。アパホテルとしては足立区初出店となり、地域の方々にご利用いただくなど新たな需要が生まれることが予想されるため、地元密着で地域のランドマークとして長く栄えるようなホテルにしていきたい。」と述べました。
【物件概要】
◎構造・規模/鉄骨造、地上13階、全170室 ◎設計/株式会社四季建築設計事務所 ◎施工/京成建設株式会社 ◎開業予定/平成31年7月

アパホテル〈函館駅前〉プレオープン


 5月31日(木)、アクアガーデンホテル函館を取得し、函館市内初のアパホテルとして、アパホテル〈函館駅前〉(全128室)がプレオープンしました。
 同ホテルはJR函館本線「函館駅」徒歩5分、函館空港シャトルバス20分とビジネス需要はもとより、函館朝市にも徒歩1分であることから、レジャー需要や訪日外国人需要にも応える至便な立地で、プレオープンにあたり、全客室にBBCワールドニュース無料放映、VODアパルームシアター(1泊1、000円で162タイトル以上見放題)、有線LAN無料接続、全客室およびロビーにセキュリティ面に優れたWi‐Fi無料接続を導入しました。
 プレオープン後は営業を続けながら、ホテル館内外の全面リニューアルの実施および全客室に50型大型液晶テレビ、快眠を追求したオリジナルベッドCloud fit(クラウドフィット)等を順次導入し、来春までのグランドオープンを予定しています。

ホテル社長講演開催

 昨年より全国各地で大盛況となっているホテル社長の講演は、今年も引き続き多くの団体様に講師として招かれ、講演を行っています。今月号では3件の講演会の模様をお伝えいたします。
 6月7日(木)、ダイヤモンド経営者倶楽部 銀座サロンにおいて、ダイヤモンド経営者倶楽部主催のホテル社長講演「私が社長です。」が開催され、約60名の会員が参加されました。
 冒頭ではウズベキスタンへの慰霊の旅について、観光大臣との会食や急遽国営放送へ出演されたこと、また日本人墓地への慰霊・献花、旧日本兵が強制労働で建造したナヴォイ劇場について、掲示プレートに当時のカリモフ大統領が日本人の働きに感謝され、「捕虜」という言葉を使うべきではないとし「日本国民」へ書き換えさせたこと等を話しました。
 6月8日(金)には、松本信用金庫主催の春季講演会 ~しんきん同友会~に講師として招かれ、600名を超える方々にご参加いただきました。
 福井県に生まれ、福井大震災で倒れてきた仏壇に守られ、九死に一生を得た体験をした出来事から、「三度の飯より営業が好き!」と言うほどアパホテルの社長であると共に、住宅部門の統括戦略本部長として日々営業の最前線に立っていることを話し、ピンチをチャンスに変えた具体的なエピソードを披露するとともに、無から有を生み出すことの大切さや、お飾りであれども努力できることが才能であること、人間万事塞翁が馬等も話しました。
 6月21日(木)には、公益社団法人平塚青年会議所主催の講演会に招かれ、160名の方が参加されました。「トップがライオンであれば100人の羊もライオンに変えられますが、逆に羊の社長であれば、100人のライオンも羊に変えてしまう。」と、リーダーの大切さ、トップの資質の大切さを説きました。また、企業は需要を創造し、雇用を創出、節税義務を果たすことが大切であることや、成功の要素として、いつまでに(期限)、何(目標)を行うのか、期日管理をして人のせいにせずにやり遂げること等を話し、最後には平塚の太陽、それぞれの太陽として、「サニーサイドアップ」と大きな声で合唱して締め括りました。

2018年度新入社員
パワーアップ研修実施

 6月18日(月)~の4日間、アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉において、今春入社した268名(ホテル部門263名・住宅部門5名)の新入社員が参加し、「2018年度新入社員パワーアップ研修」を実施しました。
 特別講演にて代表は、言論活動こそアパの成長・発展の原動力であること、28年間発刊し続けてきたアップルタウンを読み続けることの重要性や今後の経営戦略について話しました。2泊3日の研修では、グループ社長講演やホテル専務による「プロ意識と仕事の進め方」の講義に加え、住宅・ホテル部門に分かれて、さらなるレベルアップを目的とした実践的な講義も行われ、新入社員は真剣な眼差しで研修に臨みました。

「タリーズコーヒープール」・
「ポカリスエットプール」オープン

 今年3月20日(火)に開業しましたアパホテル&リゾート〈西新宿五丁目駅タワー〉ホテル8階に、株式会社伊藤園とコラボレーションした屋外テラスプールがオープンし、TULLY’S COFFEE POOL(タリーズコーヒープール)として7月1日(日)から9月30日(日)までお楽しみいただけます。
 6月27日(水)にお披露目会を開催し、代表は「世界82カ国をまわり様々なホテルを見る中で、このホテルにはお客様がテラスで寛ぐことができるプールが良いのではないかと思い、基本設計から採用した。お客様に選んでいただく為にはホテルにプールがあるかないかが重要であり、プールでは泳ぐ人よりベランダやサンデッキで寛ぐ人の方が多いことからテラスプールとして運営することとした。オリンピックを前に訪日外国人の増加も見込め、新宿駅や繁華街、オフィスビル街にも近く、撮影スポットとしての活用やプールテラスを楽しむ等、様々な方に楽しんでいただける憩いの場として提供していく。」と述べました。夜には、ブルーライト照明でプール内を照らしラグジュアリーな空間を演出します。
SNS映えをするプールを是非ご堪能下さい。
【営業期間】7月1日(日)~9月30日(日) 【営業時間】10:00~22:00
【利用料金】屋外テラス:無料開放
プール遊泳/1人60分1,000円(税込)、貸切2時間10,000円(税込)
【利用条件】ホテル宿泊者・日帰りプラン利用者のみ(先着順)
 また、7月6日(金)にはアパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉にて毎年恒例のポカリスエットプールがオープンいたします。期間中はスイカ割り、浮き輪投げなどの様々なイベントの開催を予定しており、毎年ご家族連れをはじめとした多くのお客様にご好評をいただいております。本年からは夏の女子会やカップルに人気のレジャーとして近年注目を集めているナイトプールも実施し、日中の雰囲気とは異なる幻想的な
空間をお楽しみいただけます。
【営業期間】7月6日(金)~9月9日(日)
【営業時間】◎ポカリスエットプール 平日10:00~17:00/土日祝9:30~17:30
◎ナイトプール18:30~21:00 ※木・金・土・祝前日のみ営業
【入場料金】◎ポカリスエットプール 平日 大人4,000円・小人2,000円/土日祝 大人5,000円・小人2,500円 ※宿泊者は半額
◎ナイトプール 一般3,000円・宿泊者1,000円 ※小学生以下は利用不可