アパグループの今に迫る

APA NEWS DIGEST[2018年5月号]

アパホテル&リゾート
〈西新宿五丁目駅タワー〉
開業披露式典開催

 3月20日(火)、アパホテル東京都心最大級、新宿エリア6棟目となるアパホテル&リゾート〈西新宿五丁目駅タワー〉(地上20階建・全710室)が開業し、株式会社三菱東京UFJ銀行 赤坂支社 支社長 山下英明様、加賀電子株式会社 代表取締役会長 塚本勲様、衆議院議員 秋葉賢也様、新宿区長 吉住健一様をはじめ総勢200名様以上のご参加の下、開業披露式典が盛大に執り行われました。記者発表で代表は「2010年4月に始動した『SUMMIT 5(頂上戦略)』以降、東京都内で開業した46ホテルの殆どが月間稼働率100%を記録し続けており、2017年11月期連結決算ではグループ連結売上高1、161億円、経常利益350憶円と増収増益となった。当館は新宿エリア6棟目、東京都内最大級の710室のアパホテルとなる。館内には大浴殿・露天風呂に屋外テラスプールを完備し、都心の中に安らぎを提供するアーバンリゾートホテルとして、宿泊だけではなく日帰りプランの販売も行っていく。また、新宿エリアは、世界最大の乗降客数を誇り、日本最大級の繁華街、歌舞伎町があることから、ビジネスマンだけでなく、国内レジャー客・訪日外国人の宿泊も見込んでいる。東京オリンピック開催後はオーバーホテル現象が予測されているが、日本ほど素晴らしい国はなく、2030年には6、000万人の訪日観光客が訪れると考えている。現状として、国内ホテルチェーンのシェアは多いところでも4%と言われているが、アパホテルネットワークとして直営だけでなくFC・パートナーホテルの拡大を図り、国内シェア20%を目指したい。」と挨拶しました。
 アパホテル&リゾート〈西新宿五丁目駅タワー〉は、都営地下鉄大江戸線「西新宿五丁目駅」徒歩1分、新宿駅から2駅4分の好立地にある地上20階建のタワー型ホテルであり、ホテル8階に屋外テラスプール「サウスブルー」、2階に大浴場・露天風呂「玄要の湯」[準天然光明石温泉(人工温泉)]、「リラクゼーション ほぐし処 道(どう)」を設置して、コンセプトである「アーバンリゾート」を演出し、都心の中での寛ぎを提供しています。

アパホテル〈伊勢原駅前〉開業披露式典開催

 3月6日(火)、神奈川県伊勢原市にフランチャイズホテルとして、アパホテル〈伊勢原駅前〉(全102室)が開業し、ホテルオーナーである有限会社アサノビルの浅野直樹社長、全国各地からお集まりいただいたフランチャイズホテルオーナー6名様をはじめ約80名の方々にご参加いただき、開業披露式典が執り行われました。
 記者発表にてグループ社長は「今回のアパホテル〈伊勢原駅前〉は、伊勢原という伊勢神宮にゆかりのある大変縁起のいい立地にある。アパホテル〈高松瓦町〉は開業時60室でオープンし、増築、増室を経て前ブランド比370%超の売上実績がある。伊勢原駅前においても稼働売上の向上のみならず、遊休スペースを活用し高松瓦町と同様の売上実績に期待すると共に、アパホテルが開業することにより地域が発展するよう、浅野社長をはじめホテルスタッフにも期待したい。」と述べました。

プレミア〈富山駅前〉レジデンス起工式開催

 3月1日(木)、プレミアマンションシリーズとして富山エリアで第4弾となるプレミア〈富山駅前〉レジデンスの起工式を執り行い、北陸銀行金沢支店長 辰島剛様、富山県議会議員 奥野詠子様、富山テレビ放送 代表取締役社長 中西修様、富山第一銀行 取締役 八幡正之様、正道会館 正天會 中川正秀様、購入予定者様をはじめ、7社のマスコミ各社も加えて、総勢112名の方々にご参列いただきました。
 記者発表において専務は、「富山は幸福度が高い町と言われており、北陸新幹線開通により、駅前立地に資産を持つということはメリットが多い。駅前立地の生活を楽しんで頂きたい。これからも地域に愛される物件を開発していきたい。」と述べました。
プレミア〈富山駅前〉レジデンスの徒歩圏内には、商業施設、市役所や美術館に加え、日本の桜100選の松川公園など、自然を満喫できる環境があります。この街中近住の地に、地上14階建、全64邸、2LDK~4LDKの全邸南向き9タイプをご用意しております。
◎竣工予定:平成31年8月末 ◎入居予定:平成31年10月末

佐賀県佐賀市でフランチャイズ契約締結
アパホテル〈佐賀駅南口〉
2018年7月7日(土)開業予定


 佐賀県佐賀市に拠点を置く、株式会社竹下コーポレーション(代表取締役社長:竹下真由様)とフランチャイズ契約を締結しました。同社は現在、佐賀ワシントンホテルプラザを運営しておりますが、ワシントンホテルプラザとのフランチャイズ契約の満了に伴い、2018年7月7日(土)からアパホテル〈佐賀駅南口〉(全230室)として開業を予定しております。フランチャイズ店として、他の大手ホテルチェーンからのリブランドは初の事例となります。
 ホテルはJR長崎本線「佐賀」駅南口から徒歩3分。佐賀空港からバスで35分、博多駅から電車で40分、福岡空港からバスで65分と、主要な駅や空港からのアクセスが至便でビジネス、レジャーに適した立地です。
◎開業披露式典:2018年7月18日(水)

第12回真心笑顔美人No・1決定戦
グランプリ「杉田彩夏さん」に決定

 3月11日(日)、『キリン午後の紅茶PRESENTS第12回真心笑顔美人No・1決定戦Supported by SECOM』をアパホテル〈東京潮見駅前〉にて開催。200名を超える一般応募の中から第一次選考を突破した46名が、ステージ上で自己アピール等を披露しました。当日は、審査員長のホテル社長も出席し、衆議院議員 佐々木紀様などの豪華な審査員による厳正な審査の結果、フェリス女学院大学1年の杉田彩夏さん(19歳)が激戦を制し、第12代真心笑顔親善大使に選ばれました。優勝賞品として、賞金10万円や東京ベイ幕張インペリアルスイート宿泊券(30万円相当)、冠スポンサーのキリンビバレッジバリューベンダー様やセコム様をはじめ、協賛企業様からの多数の豪華賞品が、グランプリ(1名)と特別賞(4名)に贈呈されました。
 新しく真心笑顔親善大使に選ばれた杉田彩夏さんのインタビュー記事は、本号「THE達人」にて掲載される予定です。今後杉田彩夏さんには、アパグループのPR活動で1年間活躍していただきます。

「アパ日本再興大賞」実施要項公表

 公益財団法人アパ日本再興財団は、当財団設立の目的の実現をより一層推し進めるため、「アパ日本再興大賞」表彰制度を創設し、近現代史、国際関係、政治・政策等の分野において優れた研究を行い、我が国が、激動する国際社会の中で誇りをもって成長発展してくための提言を行った作品を表彰することになりました。選考やスケジュールの詳細につきましてはホームページに記載されておりますので、そちらをご覧ください。
http://ronbun.apa.co.jp/

東京ガス株式会社主催セミナー懇親会
ホテル社長講演開催

 2月23日(金)、東京ガス株式会社様のお取引先様やお客様を招いたセミナー懇親会が白金台八芳園で開催され、ホテル社長が講師として招かれました。
 講演の冒頭には、アパグループのガスの利用状況を専門的な数字を交えながら話し、アパグループ創業当時の出来事やアパホテルの社長として広告塔を務める中、早稲田大学大学院博士課程を修了した事等、自身のエピソードを踏まえてアパグループのことを話しました。
 アパホテルの高収益は、用地の仕入れ、建築設計、運営までをグループ内で一貫して行っていることに所以すること、2010年から始まったサミット5でのアパホテルの出店攻勢について。また、ホテル社長自身の広告効果も数億円に上ることなど、時折ユーモアも交えて講演し、会場ではホテル社長のことばに笑顔が溢れたり、真剣に聞き入って頷く表情も見受けられ、大変喜んでいただきました。

小松基地金沢友の会 講演会並びに
平成30年新年会(第18回)開催

 3月12日(月)、アパホテル〈金沢駅前〉にて小松基地金沢友の会・講演会並びに平成30年新年会(第18回)が開催されました。講演会は127名、懇親会は47名が参加され、明星大学特別教授 髙橋史朗様にもご講演をいただきました。
 講演会冒頭の挨拶にて代表は、「いわゆる“習近平帝国”や“プーチン帝国”、“金正恩帝国”といった独裁政権は、自らの権力維持の為なら暗殺も企てるし、戦争も起こす。しかもこれらの国は皆核保有国である。核兵器は防御用兵器であり、攻撃する為の兵器ではない。しかし非核保有国に対しては効果的な圧力となる。周りを核保有国家に囲まれている状況下で、安倍首相はアメリカのトランプ大統領を上手くコントロールし、周りの国を牽制してもっと強い国にならなければならない。」と述べました。また、講師の髙橋史朗様からは、ご講演「日本を取り戻す教育」の中で、「開成高校では授業で武士道についての教育を行なっている。その中で生徒たちが、“克己の精神を学んだ”という素晴らしい感想文を書いてくれた。日本弱体化戦略の一環として行なわれた戦後の教育によって、我々は“取り戻すべき日本”すら失い始めている。そんな中で、祖国日本の根幹にある精神をいかに子供に伝え、いかに国際発信していくかが重要である。」と述べられました。
 懇親会では参議院議員の山田修路様、小松基地司令の亀岡弘様よりご挨拶をいただきました。亀岡基地司令からは、「代表より、日本は強い国であるべきだとのおことばを頂いたが、“強さ”とは隙を見せないということである。我々航空自衛隊は、日々市民の皆様のご理解・ご協力の下、隙が出来ないように国防に努めている。皆様は是非安心していただきたい。」とご挨拶をいただきました。乾杯のご発声は元石川県議会議長の中村勲様にいただき、会場は日本の将来について語り合いながら賑やかな雰囲気のまま締め括られました。

社員研修旅行 第三班首都圏コース実施

 3月4日(日)からの2日間、第三班となる社員研修旅行を実施し、首都圏コースに総勢372名が参加しました。
 皇居に隣接するTKPガーデンシティ竹橋で実施した結団式で代表は「先日発表した平成29年11月期連結決算では、1、161億円の売上と350億円の経常利益を上げることができた。これは上場企業の中でも上位1割以上に位置する。累積会員数も1、400万人を突破しており、都内のアパホテルでは稼働100%を超える状況下にある今、どのホテルが生き残るかという状況をチャンスにして、さらなる躍進を遂げていく」と述べました。
 初日は、所沢市の所沢航空発祥記念館にて、航空機の原理や航空技術、その歴史などを見学後、3月20日開業前のアパホテル&リゾート〈西新宿五丁目駅タワー〉をはじめ、東京都内に点在しているホテルの他、自社開発した大型マンションを車窓から視察。千葉・舞浜にあるヒルトン東京ベイの宴会場で行われた懇親会で代表は「頂上戦略を始動した2010年には都内にホテルは6棟だったが、わずか8年間で建築中を含め70近いホテル数を保有することになった。時と場所を選び開発したことが今期決算にも表れた世界一の利益率に繋がっている。この業績は言論活動との相乗効果によって生まれたものであり、これからも事業活動と言論活動の両立に全力でトライし、日本のホテル戦争に勝利した暁には、世界へ展開していく」と力強く述べ、二次会と共に大変盛り上がる会となりました。2日目は、築地場外市場を散策後、1日目に続いて都内ホテルを車窓から視察。解団式会場は靖国神社で行い、遊就館見学や本殿参拝の後、各地への帰路につきました。

「2019年新卒者対象
アパグループ企業セミナー」開催

 3月7日(水)、アパホテル〈東京潮見駅前〉において、2019年度新卒採用の第1回目となる「アパグループ企業セミナー」を開催し、210名の学生が参加しました。
 初回は代表特別講演があり、新都市型ホテルのコンセプトや、アパグループの勢い、事業の成功があってこそ信頼される言論活動が出来ることなど、就職活動中の学生に向けてわかりやすく、かつ魅力的に伝えました。
 参加した学生は、真剣な眼差しで代表の講演に耳を傾け、時折メモを取るなど積極的な姿勢が多くみられ、まさにアパグループへの関心度や期待感が大きく表れていました。
 今後、数回のセミナーを開催した後、採用試験を実施し、2019年春には300名の新入社員を採用する予定です。