アパグループの今に迫る

APA NEWS DIGEST[2021年5月号]

アパホテル〈大阪天満橋駅前〉
開業披露式典開催

 3月16日(火)、アパホテル〈大阪天満橋駅前〉(全室禁煙 308室)が開業し、株式会社りそな銀行 新都心営業部 営業第三部 部長 伊藤 洋平様、ハイチ共和国大使館 公使参事官 ダーリェ ドーヴァル様、兵庫県議会議員 勝兵塾関西支部 副部長 和田 有一朗様をはじめ130名超える方々にご参列いただき、開業披露式典を執り行いました。
 記者発表で代表は、「今年は22棟の開業を予定しており、当ホテルは本年6棟目、今月3棟目の開業ホテルとなる。2010年に始動した『SUMMIT 5(頂上戦略)』以降、東京都心を中心に地方中核都市へと拡大戦略を進めてきた。現在アパホテルネットワークとして10万室を達成し、2020年に始動した『SUMMIT 5‐Ⅲ(第三次頂上戦略)』では、2025年までに15万室達成を目標に掲げている。当社はオリンピック開催など一過性のイベントに特化することなく、東京、大阪、福岡など需要の旺盛なエリアを中心に集中して投資を行っている。日本の成長産業は観光産業であり、積極的に事業展開を進め『SUMMIT 5‐Ⅲ(第三次頂上戦略)』では、2025年までに15万室達成の高い目標に向け、東京に次ぐ第二の都市である大阪の地でも引き続き拡大戦略を進めていく。」と述べました。

アパホテル&リゾート〈博多駅東〉
アパホテル〈博多駅筑紫口〉WEST
2ホテル同時開業

 3月9日(火)、アパホテル&リゾート〈博多駅東〉(全室禁煙 345室)、アパホテル〈博多駅筑紫口〉ウエスト(全室禁煙 166室)の2棟が同時開業し、みずほ信託銀行株式会社 副社長執行役員 小池 徹様、衆議院議員 原田 義昭 令夫人 原田 知子様、株式会社ティーケーピー 代表取締役社長 河野 貴輝様をはじめ180名を超える方々にご参列いただき、開業披露式典を執り行いました。
記者発表で代表は、「本年福岡市内で全6棟1、631室のアパホテルが開業予定であり、本日はその第一弾・第二弾にあたる。福岡県は西の玄関口としてビジネス・観光ともに需要旺盛なエリアであり、特に需要の高い博多駅周辺エリアに集中的に出店を行うことで、エリア全体の需要の囲い込みを行う。現在、アパホテルネットワークとして10万室を突破し、客室数国内No・1のホテルチェーンとなったが、国内市場だけでもまだまだ成長の余地がある。2020年に始動した『SUMMIT 5‐Ⅲ(第三次頂上戦略)』では、2025年までに15万室達成を目標に掲げており、断トツの日本一を達成したのち、海外展開を図っていきたい。」と述べました。

アパサミット2021開催

 3月19日(金)、アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉宴会ホールにて、アパ・コーポレートクラブ定例理事会及び第21回通常総会が開催され、総勢287名様にご参加いただきました。
 総会では、活動報告や新役員の選出等が行われ、新会長には、今期に引き続き5期目となる株式会社熊谷組 顧問 作本 裕行様が就任されました。
 その後、フランチャイズホテル、パートナーホテルが合流し、代表による特別講演会、懇親会が開催され、代表特別講演会の冒頭では3月2日に放送された「ガイヤの夜明け コロナで変わるホテル・旅館」が放映され、昨今の新型コロナウイルスのピンチをチャンスに変えるアパグループの勢いを感じられる会となりました。
 合同懇親会では、アパグループへの貢献企業を表彰するアパ・コーポレート大賞としてフジパスク株式会社様、優秀賞には株式会社日企設計様、特別賞はデスティニーインターナショナル株式会社様、テレ通株式会社様、株式会社パイオニア・サービス東日本様、大竹建窓株式会社様が表彰されました。

 またサプライズとして、今年はアパグループ創業50周年と節目の年でもあり、アパ・コーポレートクラブ会員一同でお祝いのケーキをプレゼントし、3月14日の代表・ホテル社長結婚記念日・当日のアパホテル〈京急蒲田駅前〉開業お祝いとしてアパ・コーポレートクラブ会員とフランチャイズオナー様一同より花束と記念品を贈りました。

アパホテル〈京急 蒲田駅前〉
開業披露式典開催

 3月19日(金)、東京都大田区の「ホテルシンシア東京蒲田」を取得し、大田区内4ホテル目、アパホテル〈京急蒲田駅前〉(全144室)として開業し、アパコーポレートクラブ 副会長 加賀電子株式会社 代表取締役会長 塚本 勲様、株式会社三井住友銀行 新橋法人営業部 部長 松山 一弥様、衆議院議員 自由民主党 団体総局長 櫻田 義孝様、衆議院議員 松原 仁様をはじめ総勢110名超える方々にご参列いただき、開業披露式典を執り行いました。
 披露宴にて代表は、「当ホテルは、新築して1年前後のホテルを買収した。新築だと開業まで3年は掛かるが、時間を買うことで、買収したその日から売り上げを計上することができる。昨年は27ホテル・7、090室、今年は22ホテル・4、745室開業を予定している。来年は、現時点で12ホテルの開業を予定しているが、買収案件を購入することで今年並みの数を開業できるのではないかと想定している。コロナ禍で厳しい状況下であるが、こんな時がないと寡占化は進まない。皆さんの協力を得ながら、どんどんとホテルを増やし、断トツの日本一を目指して行きたい。」と述べました。

アパホテル〈静岡駅北〉
増築棟起工式開催

 3月3日(水)、にアパホテル〈静岡駅北〉増築棟の起工式を執り行いました。
 神事後の挨拶にて、グループ社長は「2021年3月3日、天候の良き日に起工式を執り行うことができて嬉しく思う。現在、全国4カ所でのホテル買収が決まる等、昨今のコロナ禍においてもホテル進出ができるといった明るいニュースを届けられている。
 今回は、政令都市である静岡市に市場拡大の可能性があると睨み、増築計画に踏み切った。静岡市をはじめ、大都市圏を中心に今後ともホテル事業を展開していく。来年5月の開業に向けて、安全で無事な工事を進めてもらい、開業後は誠意を持って運営を行っていくことで、地域社会の発展に貢献していきたい。」と述べました。
構造・規模:鉄骨造・地上14階建、全180室
(既存棟と合わせて総客室数269室)
2022年5月完成予定

アパホテル〈別府駅前〉(仮称)
起工式開催

 3月12日(金)、大分県初のアパホテルとなる、アパホテル〈別府駅前〉(仮称)の起工式を執り行いました。起工式にはアパグループ代表としてホテル専務が出席。施主であり、フランチャイジーである株式会社竹下コーポレーション 代表取締役社長 竹下 真由様、来賓には、大分銀行 別府支店 支店長 甲斐 一義様、佐賀銀行 本店営業部 取締役本店営業部長 牟田 日出光様、地元田の湯町自治会長 池田 美代子様にご参列頂きました。
 神事後の挨拶にて、ホテル専務は「アパグループは今年で創業50周年を迎え、事業拡大を継続し、コロナ禍においても世間に明るいニュースを届けられている。厳しい時期だからこそ、前向きに取り組み、大分県初のアパホテルとして、本日ご列席の皆様と共に別府駅前に素晴らしいホテルをつくっていきたい。」と述べました。
 また前日には、ホテル専務が別府市長 長野 恭紘様を表敬訪問し、「大分初進出の地に別府を選んでいただき心より感謝します。市としても全面的にバックアップします。」と喜びの声をいただきました。大分県は九州における福岡県に次ぐ訪日外国人観光客数を誇り、別府市は昨今、ホテルチェーンの参入が目立つエリアとして注目されています。
構造・規模:鉄骨造・地上11階、全177室
2022年4月完成予定

小松基地金沢友の会新年会
並びに講演会

 3月15日(月)17時より、アパホテル〈金沢駅前〉1階宴会場にて、第21回小松基地金沢友の会 令和3年度新年会並びに記念講演会が開催されました。小松基地金沢友の会会長である代表も出席し、講演会は100名、懇親会は35名が参加し、ノンフィクション作家の河添 恵子様にご講演を頂きました。
 代表は講演会冒頭の挨拶で、「早いもので小松基地金沢友の会新年会も第21回目となった。日増しに力を付ける中国に対抗すべく、前線基地とも言える小松基地の方に、元気になってもらおうという思いでつくったのが小松基地金沢友の会である。当時は、中国に対してのスクランブル発進は少なかったが、今や最もスクランブル発進の対象となるのが中国である。アメリカとは安全保障条約を結んでいるが、アメリカが率先して戦うわけではない。日本が戦った上で支援をしてくれるまでである。アメリカに頼らず、日本が自らの力で戦う必要があると常々思っている。尖閣諸島を奪われたらそれで終わりではない。一寸たりとも手渡してしまえば、沖縄、本土と侵略してくる。中国からの侵略を守る前線基地が小松基地である。」と中国の活動に対する懸念とそれに対抗し日本が自らの力で守れるように日本が変わらないといけないとの考えを述べました。
 また、講師の河添 恵子様はご講演において、「第13回『真の近現代史観』懸賞論文において、最優秀藤誠志賞を頂戴しました。今年は、中国共産党結党100年目の重要な年である。中国は5G戦略や新型コロナウイルスを用いて、新しい形の冷戦を仕掛けている。日本を含め、アメリカ、イギリスなどは対中国のサイバー攻撃対策として新たな協定を結び協力体制をとっている。コロナウイルスは、短期間で人々の生活を変えてしまった。世界情勢の改善に取り組む国際機関である世界経済フォーラムは『グレートリセット』をスローガンに掲げコロナ収束後の世界秩序、社会経済は元には戻さず、新しいステージに向かうことを目標としている。」と述べられました。
 懇親会は18時より、14階のアルカンシェールにて開催され、石川県議会議員の徳野光春様よりご挨拶を頂いた後、金沢市議会議員の荒木博文様より乾杯のご挨拶を頂きました。その後、代表が出演した「ガイアの夜明け」を視聴し、アパ・コーポレートクラブ会長の作本裕行様より締めのご挨拶を頂き、懇親会は日本の将来について語り合いながら賑やかな雰囲気のまま締めくくられました。

アパグループ企業セミナー開催

 3月11日(木)、アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉において、「アパグループ企業セミナー」を開催し、165名の学生が参加しました。今回のセミナーでは、代表による特別講演を行い、進化するアパホテルとして、伝統にとらわれない独自のビジネスモデルや、コロナ禍においても、広告投資などにより利益を生み出し、拡大を続けるアパの躍進について魅力的に伝えました。
 また質疑応答にて代表は「厳しい時代は飛躍拡大のチャンス。全員採用したい気持ちなので、ぜひ応募してほしい。」と、就職活動中の学生を激励しました。
 3月1日(月)より採用活動が解禁され、会社説明会や選考会を開催しています。今後、ホテル見学や社員訪問を通じて、アパホテルで働く魅力を伝えて参ります。